「冗談よ、冗談」

英会話スクールに通っていたころのこと。
冗談が大好きな先生がいました。

いつも楽しそうにしていて、大好きな先生でした。
カナダからいらしたネイティブの女性で、
もぐもぐ何かを食べていた印象(笑)

私はといえば、まじめを絵に描いたような高校生で、
あまり冗談が通じないアタマの硬い生徒だったかな。

先生の冗談を真に受けて、困惑の表情を浮かべていることが
多かったわけですが、
困った顔をしていると、先生はすかさず

Just kidding!

と言ってがはは~と笑ったのでした。

よく笑う先生で、
冗談よ、冗談!と明るい声が響いていました。

私がまだスクールに通っている頃、カナダに帰ってしまわれたけれど、
カナダでも冗談ばかり言っててほしいなぁと思います。

英会話CDのおすすめは→