学校では教えてくれない英語ってたくさんあります。
学校で教えてくれる英語は肯定する時はYes
なんでもYesですよね。

日本語で考えたら分かりそうなものですが、肯定する時って


はい
うん
勿論
いいとも

色々ありますよね。

英語だとYesよりちょっとくだけた言葉だと
Yeahでしょうか。

勿論とか、喜んで!と表現するなら

Sure!

このカップルにお話をしてもらいましょうね。

男性

今日は楽しかったね。この後、軽くカクテルでも飲みに行かない?

女性

Sure!

こんな感じで使います。
素敵なカップルを見ていると、ついカクテルと言ってしまいましたが
私だったら、どうでしょう・・・・

この後、いっぱいどう?

いいよ~

こうでしょうねw

海外に出かけると至る所でSureが聞こえてきます。
発音はシュアではなく

シャに近い発音です。

Sureの意味に近くてもう少し丁寧な言葉が

Of course

タモリさんが「明日は出てくれるかな?」と聞いたら
返事は

Sure!

です。

Of courseだと

はい、大丈夫です。になるでしょうね。
ちっとも盛り上がりません。

慣れるまで、間違いなくYesばかり口から出ます。
最初だけ意識して話すようにすると、割りと簡単に言えます。

街中で外国人が話している時に耳をすませると
何度も聞くことがある言葉です。

そっと聞いてみてください。
わかりましたか?

Yes

違います。

Sure!ですw

英会話CDのおすすめは→