大学院生のころのこと。
院生の中には留学したり、英語で論文を書く人も出てくるだろうということで、
英語のアカデミック・ライティングの授業が必修でした。

 

 

クリエイティブな書き方を習うのではなく、
論文という型の決まった文章を
効率よく書く方法を習うのです。

アイディアの集め方、
それらを整理し、分かりやすく提示するやり方、
文章を書くときのルール。

日本語でなんとなく書いている時に比べて、
英語で書くときは、
何をどのように伝えるのかをかなり意識しました。

そこで先生がこういったんです。
まずは今から書こうとする内容が

And so what?

の問いをクリアしていなくてはならない、と。

だから何?に答えられる内容でなくては。
つまり、それを言うことが無意味であってはいけないってことですね。

書くことに夢中になっていると、
内容が書くに値するのかという問いを忘れがち。

それからも、何かを書くときは
and so what? に耐えられるかどうか、
自問するようにしています。

(たまには、ダラダラ無目的に書きたいときだってありますよねぇ)

英会話CDのおすすめはこの2つ→